理事長挨拶

八王子織物工業組合 第20代理事長 樫﨑 亮一

kashizaki_president.jpg八王子と言えば、最近ではミシュラン三ッ星で有名になった「高尾山」を想像する方が多いかと思います。しかし、それまでは4百年余の歴史と伝統の「織物」が八王子の顔でした。更にさかのぼり奈良時代の万葉集の古歌に「多摩川に 晒す手づくり さらさらに 何ぞこの娘の ここだかなしき」と詠われており、天正18年(1590年)出版の武蔵風土記に「市」である紬座の事や、寛永4年(1627年)の「毛吹草」には滝山紬、横山縞紬が記されています。

八王子織物工業組合の創立は明治32年(1899年)であり、歴史は1世紀を越え、経済産業大臣指定の伝統的工芸品「多摩織」の産地でもあります。戦後、時代変遷の中で生活様式も変わり、「多摩結城」「紋ウール着尺」などの和装製品から、インテリア、服地、ネクタイ、マフラー、ストール等の洋装製品に生産軸を移してまいりました。現在、源流「多摩織」の伝統技術を基に、最新鋭の技術を駆使した、ドビー・ジャガードの先染織物を中心に世界に発信しています。都心から50分、20余の大学を擁するこの地に歴史ある織物が脈々と織継がれており、ものづくりは技術の伝承とともに「心」の伝承にほかなりません。日本、東京そして八王子のものづくりに拘りながら、次代に歴史・技術と心を伝えてまいります。益々のご支援、ご愛顧をお願い申し上げます。

理事会

理事会について ※ 理事長が召集し下記案件を協議

B_Schedule.gif
1.法又は定款で定める事項の議決
2.総会に提案する議案の議決
3.その他業務の執行に関する事項で理事会が必要と認める事項の議決

委員会(4委員会)

委員会について ※ 理事会の諮問機関として下記3委員会を設置

B_Memo.gif
1.総務委員会 : 円滑な組合運営を図る/資産運営業務
2.生産委員会 : 新製品研究開発/展示会開催/販促及び産地PR
3.商事部委員会 : マルベリーブランドの管理運用/輸入生糸業務
4.伝産委員会 : 伝統工芸士会との連携/教育事業

部会(4部会)

部会について ※ 業種ごとの組合員をもって構成

B_Memo.gif
1.和装部会 : 男物/女物着尺
2.洋装部会 : ネクタイ/マフラー等洋装雑貨
3.広巾部会 : 服地
4.青年部会 : 研究開発/他産地交流

組合事業(2事業)

組合事業について ※ 下記2事業を運営

B_Memo.gif
1.商事部・べネック : 小売/特注品販売/マルベリーブランドの管理運用
2.資産運営 : 駐車場賃貸/事務所等不動産賃貸及び管理運営

ページの先頭へ